2005年11月16日

サッカー日本代表 日本対アンゴラ戦の戦評

戦評の前にいきなりびっくりしたわ!

何がって…

国家独唱に松浦亜弥(あやや)が呼ばれていたとは!

緊張で声が出てなかったけど、相変わらず日本サッカー協会は、おもろい人選するで。


さて、試合のほうですが前半については序盤お互いにミスが多くてかなり大味な展開が多かった。
そのなかでも、日本は何度も何度も何度も決定的な場面を作るも、得意の決定力不足を見事に発揮してあっさり無得点で前半を終わらせてしまう。
(珍しくサントスがええクロスを何度か上げてた。序盤だけやったけどね。)

そして後半。

20分くらいまで、だらだらした試合で全然おもしろくなかったが、松井が入ってから急に試合が動き出した。

稲本のカットからのカウンターや、大黒の動き出しからのシュートなどぼちぼち、点が入りそうな感じがしてきた。

途中でアンゴラに決定的な場面があったが、シュートをはずしてくれて肝を冷やしたね。

そして後半終了間際、スローインから中村が逆サイに上げ、そのボールを柳沢が折り返し、走りこんできた松井が頭で決めた!

結局、この1点が決勝点となって日本が2005年最後の試合を締めた。

総体的に見ると、日本は東欧遠征のときのようにDFとMFの間が間延びすることなくそれなりにバランスが取れてたと思う。
ただパスミスがまだ多いし、FWの決定力(高原、柳沢)がダメだ。

対してアンゴラはボランチの7番とOMFの10番がチームを動かしていた。
でもちょっとチーム全体が荒削りな印象を持ったわ。

まあ勝ってよかったけど、目立った収穫は松井だけかな。(駒野も後半途中にバテるまではまずまずよかった。)

来年はいよいよ本番。

早く決定力のあるFWを見つけてほしいぞ!
(おすすめは、大黒久保
posted by タク at 21:47 | 大阪 ☀ | Comment(6) | TrackBack(57) | サッカー 

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。