2006年06月11日

W杯観戦記 イングランドvsパラグアイ

かなり楽しみだったこの一戦は、1ー0でイングランドの勝利。


しかし内容はというと、残念ながら期待していたよりも面白くなかった。

前半早々に、ベッカムのフリーキックがガマラに当たってゴール。

それがこの試合唯一の得点となってしまった。

ともかく暑さに負けてしまって、特にイングランドは運動量が後半ガタ落ちで防戦一方だった。

それにしても、この試合に限らず今大会はミドルシュートの正確差が勝利のカギを握りそうだ。

ともかく今大会の公式球はよく変化しよるわ。

攻めに積極的なチームが勝ち残っていくんちゃうかな?

深夜にアルゼンチンvsコートジボワールがあるけど早朝から仕事なんで、帰ってからゆっくり見ますわ。
posted by タク at 00:25 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(6) | W杯

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。