2006年06月17日

W杯観戦記 オランダvsコートジボワール

先に試合を終えたアルゼンチンが大勝したことが影響したのか、両チームともに前半は攻撃に積極性があっておもしろかった。

特にオランダは次がアルゼンチン戦ということで、ここで決勝T進出を決めようと完全に勝ちにきていたね。

ロッベンは今日もキレキレ!

ドリブル良し、パス良し、シュート良しでまだ若いながらもオランダの攻撃の中心選手にまで成長したかんがあるわ。

1点目のファンペルシーのフリーキックはコースを狙ったというよりも、多少コースが甘くてもいいからスピードとパワーでねじ込もうという気持ちがゴールに結びついたんやないかな?

2点目はロッベンのスルーパスからオフサイドぎりぎり抜け出したファンニステルローイが落ち着いて決めたんやけど、これはロッベンのスルーパスが通った時点で勝負ありってかんじやった。

コートジボワールの得点はドリブルから切り返してのシュートで、すばらしいコースに決まったんやけど、さすがにアレはどんなキーパーも取れんやろっていうくらいエエコースに打ったよね。

それにしても、後半は前半と違ってオランダは攻められっぱなしでかなりコートジボワールにチャンスがあって、同点までいくかと思ったものの、オランダも最後の局面ではしっかり守ってて点を取られることがなかった。

やはりこういうところで、最後まで我慢できるか否かで一流のチームと2流のチームの差がはっきり出ると思うねんなあ。

結局この組は「死のC組」と言われていたけど、オランダ、アルゼンチンの2強だったという訳か…。

もう少しドログバは見たかったなあ。

イエロー2枚で次戦出場禁止で実質ドログバのW杯は終わった。

残念…。

posted by タク at 02:51 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(7) | W杯

W杯観戦記 アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ

なんじゃ!この試合?

もうアルゼンチンの強さばかりが目立った試合やったね。

まさか、ここまで点差がつくとは誰も予想できなかったはず。

サビオラもリケルメもかなり調子が良かったにも関わらず、全然目立たないような感じだった。

交代選手が全員点を取ってしまうし、何もかもがうまくいっていた。

個人的にはテベスとメッシが見たいと思っていたら、二人共出てしかも点を取ってしまうんやから、アルゼンチンは将来も安泰ですな!

一番すごかったのは、2点目に繋がるパスワークだ。

ワンタッチ、ツータッチで早いパスまわしで、6、7人が絡んでのゴールで非常に美しいゴールやった。

これはアルゼンチンは優勝あるかも?

最後にマラドーナは完全にサッカー好きのタダのオッサンになってしまいましたな。

なんかちょっと複雑…。
posted by タク at 00:14 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(48) | W杯

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。