2006年06月18日

W杯観戦記 チェコvsガーナ  イタリアvsアメリカ

波乱がおきた!

ガーナが2−0でチェコを破りW杯初勝利!

ガーナは身体能力の高さでチェコを終始圧倒していた。

もともとユース年代はかなり強くて、何度も優勝したりしていたので、実力はかなりのものだったのだが…。

DFも固いし、寄せがが早いからチェコは身上のパスサッカーをやらせてもらえなかったのが最後まで響いたみたいやね。

これでチェコとガーナの立場は完全に逆転してしまった。

ガーナは次戦アメリカが相手なのに対して、チェコはイタリアとのガチンコ対決。


そして、もう1試合のイタリアvsアメリカは1−1のドロー。

退場者が続出して正直おもしろくなかったわ。

ヒジ打ちで退場したデ・ロッシはアホですな

そしてその数的有利を生かせず、逆に2人の退場者を出し不利になるなんてアメリカはもっとアホですな!

まあ、これでこの組は混戦おもしろくなった。


この組は最後の最後までどのチームが勝ち上がるかわからんから、めっちゃ楽しみだ。
posted by タク at 11:18 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | W杯

W杯観戦記 ポルトガルvsイラン

ポルトガルが終始押し気味に試合を進めて2ー0で決勝T進出を決めた!

Cロナウド、フィーゴ、それに右サイドバックのミゲルが、何度もサイドを突破して攻撃を演出していた。

結果的には、デコのミドルとフィーゴのドリブルで得たPKをCロナウドが決めて勝ったんやけど、やっぱりトップがポルトガルは弱いなあ。

せっかく素晴らしいウイングやトップ下がいるのに、決定的な仕事をするFWがいないのは優勝を目指すチームにとって弱みやね。

パウレタやヌーノゴメスも良い選手だが、ワンパンチ足りないね。

対するイランには、アジアの強国として、なんとか頑張ってほしかったが力及ばずといったところか…。

決勝T進出はきびしくなったが、なんとか奮起を期待したい。

特に不調のカリミの調子が戻れば、勝つことも可能なはず。

意地を見せてほしいね!
posted by タク at 01:09 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | W杯

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。