2006年07月01日

W杯観戦記 イタリアvsウクライナ

負けないサッカーのイタリア、勝ちに行くサッカーのウクライナ

果たしてどちらが勝つかと思ったが、やはりイタリアが地力の差で3−0と快勝!

ウクライナは攻めるも、イタリアのカテナチオを崩しきれずにベスト8で敗退と同時にシェフチェンコももう見れなくなった。

やはりイタリアは守備的なサッカーをすると強いわ。

イタリアは次がドイツということで、このカードも1点を争う緊張感ある試合になるやろね。

今晩はイングランドにブラジルがでてきます。

また寝不足になりそうですわ。
posted by タク at 22:07 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

W杯観戦記 アルゼンチンvsドイツ

今日からいよいよ準々決勝。

白熱した試合を期待したいところだが…。

前半はお互い失点を恐れてか、攻めは無理せずどちらかというと守備重視で後半勝負といった試合の流れに終始した。

しかし後半早々にアルゼンチンがコーナーキックからアジャラの体全体を投げ出したダイビングヘッドで先制!
アジャラ.jpg

ここから一気に試合展開が早くなり好守の切り替えが目まぐるしく変わっていく。

アルゼンチンがこのまま押し切ってしまうかと思っていたのだが、後半35分にクローゼのゴールでドイツが同点にした。

このあたりから、アルゼンチンの雲行きというか攻めてが全然なくなってしまったんだが、その原因はやはりリケルメ・クレスポと攻撃の軸二人を変えてしまったことだろう。

いくらなんでも二人とも代えるのはアカンでしょ。

せめてクレスポは残しておかないと…。

やはりクルスではクレスポの変わりは勤まらなかった。

おかげでアルゼンチンはまったく攻められなくなり、セットプレー以外ではまったくゴールに迫れなくなってしまっていた。

ドイツも似たようなもので、クローゼが交代してからは攻めてに欠けるようになり、延長戦はお互い消耗戦になってしまったのが残念だ。

結局PK戦となり、

ドイツ      アルゼンチン
ヌイビル  ○  クルス  ○
バラック  ○  アジャラ ×
ポドルスキ ○  ロドリゲス○
ボロフスキ ○  カンビアッソ × 

1−1(PK4-2)で、やはりホームの利が効いたのかドイツが勝ってベスト4に名乗りを上げた。

二本止めたレーマンはPK前のカーンの言葉が力になったのか、ほとんど読みが当たっていた。

アルゼンチンはここで消えてしまうのか…。

もっと見たかったなあ。特にメッシは見たかった!



アルゼンチンのエインツとドイツ元代表のビアホフがなんかもめていたけど、何が原因なんだろう。なんか気になる。
posted by タク at 02:54 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(33) | W杯

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。