2006年07月10日

W杯総評&かってに俺的ベストイレブン選出

とうとう終わったよ…ドイツワールドカップ。

いやいや、眠かったよ、この一ヶ月は。

毎日のように試合を見続け、仕事から帰って録画した試合を見て、寝てというような生活が続き、この一週間ほどは風邪気味で鼻水ズルズルになりながら見ていたが、ようやくそんな不規則な生活に終止符を打つことができる。

今大会は全体的に、強い国がそのままの実力を発揮することが多く、驚くような力を発揮したチームというのはいなかったと思うねん。

でも有名どころが多数残っていたので、見る側としては知っている選手も多くて楽しく見ることができたなあ。

期待どおりの実力を発揮してくれてたのは、アルゼンチン・スペイン・イタリア・イングランド。

逆に期待ハズレだったのが、オランダ・ブラジル・チェコ。
特にオランダは個人的に一番応援していただけに、残念やった。

日本は話になりませんでした。
もう笑うしかありませんな。

決勝Tは思った以上に延長戦が多くて、それだけ実力が均衡していたということやろね。

勝ち進んでいたチームの多くが、守備が強くスタミナがあり決定的な仕事ができるFWがいた。(ポルトガルはFWに欠点があったのが悔やまれる)

日本はそのうちの一つもなく(特にFWの決定力のなさは世界に恥を晒す結果になってしまった)ひどい有様でしたな。

ともかく、チーム全体が走れないと満足に試合もできないように世界のサッカーは変わってきているのがよくわかった。

まあこれで、日本のこれからの方向性が少しは見えてきたので、なんとか少しでも世界基準に追いつけるようになってくれるといいんだが…。

これからまた4年後のW杯に向けて、サッカーを見たりやったりして勉強していかねばならんね。

最後に…

かってに独断と偏見で俺的ベストイレブン発表!(苦情は受付ませんので…)

GK ブッフォン(イタリア)…鉄壁

DF 右SB ミゲル(ポルトガル)…新たな発見
   左SB ラーム(ドイツ)…開幕ミドルシュート
   CB  カンナバーロ(イタリア)…鉄人
   CB  マルケス(メキシコ)…うまい!

MF ピルロ(イタリア)…正確無比なパス
   ビエラ(フランス)…ダイナミック
   ジダン(フランス)…復活&ラストダンス&MVP&頭突き
   Cロナウド(ポルトガル)…ともかくドリブル

FW クローゼ(ドイツ)…得点王
   アンリ(フランス)…やっぱりスゲエ


本当は4−5−1(決勝は両チームともにこのシステム)なんだろうけど、アンリを入れようと思ったら得点王をハズスわけにはいかんし…ってことで4−4−2にしました。

次大会はガラリと顔ぶれが変わるんやろなあ。
posted by タク at 21:25 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(6) | W杯

W杯観戦記 決勝戦 イタリアvsフランス

さあ、いよいよ最後の試合であり、優勝の決まる大一番が始まった。

前半からお互いに攻める気持ちが強く、前半早々にPKを得たフランスがジダンの心憎いシュートで先制!

2.jpg

しかしその10分後には、イタリアがCKからマテラッツィが頭で押し込み同点ゴール。

マテラッツィ.jpg

こりゃ、久々に点の取り合いになる決勝戦を見れるかと思ったが、ここで守備の意識が強くなったのか、中盤での攻防が多くなって結局同点のまま後半へ…。

そして後半、初っ端から攻めまくる両チーム、特にフランスは左サイドのマルダとFWアンリが何度も突破を図りチャンスを作れば、イタリアもカウンターで何度もフランス陣内深く攻め入ってかなりおもしろい展開だった。

後半終了までお互い攻め続けるも、最後は両DFが踏ん張って得点させなかった。

イタリアが交代枠を3人とも使ったのに比べ、フランスは太ももを痛めたビエラ以外交代させず、これが今後の試合展開にどう影響してくるかだが…。

そしてフランスはリベリに変えて切り札トレゼゲを投入!

決着は延長後半と思ったら、いきなりジダンがマテラッツィにパチキ入れて退場!

それからは、フランスがジダンの退場に抗議するかのように攻撃を仕掛けるもタイムアップでPK戦へ…。

イタリア       フランス

ピルロ    ○   ヴィルトール ○
マテラッツィ ○   トレゼゲ   ×
デ・ロッシ  ○   アビダル   ○
デルピエロ  ○   サニョル   ○
グロッソ   ○

5−3でイタリアが優勝!

カンナバーロ.jpg

ジダンの退場で少々ケチがついたが、おもしろかった!

総体的に見ると、攻めるフランスと守るイタリアという図式で、スピード感溢れる展開で時間が立つのが早く決勝戦にふさわしいゲームだったのではないかと思う。

最後はイタリアがPK戦にフランスを引きずりこんだ形で、イタリアがようやくW杯でPK戦を制して勝ったんやけど、両チームともいいゲームをありがとうと言いたいね。

カモラネージの断髪式は笑わせもらった。

何にしても、ドイツW杯は今日で終わり!

次は2010年南アフリカW杯だ。

最後に…

イタリア優勝おめでとう!
posted by タク at 05:01 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(73) | W杯

W杯観戦記 ドイツvsポルトガル

今頃、更新するのも変ですが、眠れないんで…。

3位決定戦ということで、勝って華々しく終わるか、負けて悔しいまま終わるか、この試合の勝敗によってW杯の良し悪しが全て決まるとあって、お互いよく攻めて、見応えのある内容でおもしろかった。

ドイツが3−1で勝ったんやけど、ドイツの3点共にこの大会を象徴するようなミドルシュート絡みでいいゴールだった。


ポルトガルも最後の15分にフィーゴが途中出場で出てきて、軽くアシストを決めるあたりは、さすが超一流だと感じたね。

フィーゴ2.jpg

ドイツは優勝こそできなかったが、3位ということで一定の成績を収めることができて、面目も立ったんじゃないか?


まだ若手も多いことやし、さらにチームが熟成される4年後は優勝候補として堂々とW杯に臨むことができるのではないだろうか?

彰.jpg

あと初の決勝T日本人主審としてピッチに立った上川主審・廣嶋副審ですが、良くも悪くもなく無難にこなしていましたね。

さあ、あと1時間ちょっとでドイツW杯最後の試合がキックオフされる。

この試合のためにわざわざ仕事を事前に休みしたんで、しっかり目に焼き付けておきたいと思っています。
posted by タク at 02:55 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | W杯

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。