2006年08月16日

アジア杯最終予選 日本vsイエメン やっぱり苦戦

オシムジャパン最初の公式戦となった今日の試合、イエメンが守りを固めてきたこともあって、やはり苦戦してしまった。
 
結果は2−0でなんとか勝利!
 
日本の負の伝統はオシムが監督になっても生きていたというわけだ。
 
相変わらず攻めに工夫が足りないねんなあ。
 
せっかく身長の高い選手が多いねんから、もっとシンプルに早いタイミングでクロスを上げればいいのにそれができない。
 
遠めからのミドルシュートでリバウンドを狙うこともしない。
 
結局今日の2得点はセットプレーでしか取れず、ストレスの溜まる試合やったね。
 
オシムの目指すサッカーはまだまだ遠いよ…。
 
運動量が少なすぎたので、ジーコと同じようなサッカーでしたな。
 
今日は佐藤寿人に救われた!っていうような感じやったし、次アウェーでイエメンと戦うときは、早めに点を取らんと負ける可能性もあるんじゃないの。
 
9月のアウェー2連戦はかなり厳しい戦いが目に見えるようだ。
 
 
 
アレはやはりアレだった。

周りの持ち味を見事に消して、無駄なキープからボールを取られ、適当なクロスを上げちゃあカットされる始末。

トリニダード・トバゴ戦はたまたまやったみたい。
 
 
posted by タク at 21:37 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(46) | サッカー 

本当はすごい赤井英和

関西ローカルで「ごきげんブランニュ」という赤井英和メインのバラエティ番組があるんやけど、17日に誕生日ということで赤井のボクサー時代の映像が流れていた。
 
僕は現役引退時でまだ小学校低学年ということで、生で見たことはなかったんやけど、映像で今までも何度か見たことはあってん。
 
それで、あらためてボクサー時代の映像を見たけど、やっぱりすごいわ。
 
「浪速のロッキー」という呼び名にふさわしい、ハードパンチでのKOの数々!
(特にジャブがすごい!ジャブだけでKOしてしまうんやもん)
 
そして鍛え上げられた肉体!
 
試合内容もおもしろくて、世界戦のガチンコの殴りあいは必見!
 
それに加えて、ファンサービスを意識したコメント!

今注目を浴びているカメみたいに、相手を威嚇したり馬鹿にしたりすることもなく、インタビューのときも口調は穏やかではあるけど笑いも忘れない、真に大阪だけではなく全国のファンに愛されたボクサーだった。
 
 残念ながら試合中の事故(脳挫傷・硬膜下出血)で引退を余儀なくされるも、俳優として復活して現在に至るわけやけど、「浪速の闘拳」にも見習ってほしいね。
 
たぶん無理やと思うけど…

 
posted by タク at 01:01 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。