2007年03月24日

世界フィギュア選手権2007 女子 日本人ワンツーフィニッシュ

今の10代ってすごいね。
 
ものすごいプレッシャーの中、あんなすごい演技ができるんやから。
 
おっちゃんはあんなところに放り込まれたら、絶対に動けんよ。
 
qtBMA.jpg
 
ミキティーはきっちりミスなく演技をやりきって、実力をフルに発揮しての金メダルはすごい!
だけど、できれば4回転ジャンプに挑戦してほしかったなあ。
 
でも真央ちゃんは、さらにその上を演技をしていたのは、素人目に見ても明らかやったと思うんですよ。
SPのジャンプの失敗さえなければ、きっと200点台にのせてたんやろね。
 
でも、二人は日本人の誇りだよ!
 
男子の高橋の銀といい、日本のフィギュアスケートはシングルは世界のトップと肩を並べたね。
 
3人ともに、メダル獲得おめでとう!
posted by タク at 23:07 | 大阪 ☔ | Comment(4) | TrackBack(24) | スポーツ

キリンチャレンジカップ 日本vsペルー 感想

とりあえず試合が始まるまでの30分間は亀田vsモラレス戦を見る。
あんまりおもしろくなかった。
結局判定で亀田の勝利か…。
格下(ランキング的に)相手に判定はいただけないんじゃないの。
 
まあ、どうせ余興ですから…
 
 
そんなことより肝心の試合ですが
 
 
ヨーロッパ組が一人もこない1軍半(しかも15人しかいない)のペルー相手に当然引き分け以上を期待したのだが…
 
前半ペルーのプレッシャーにかなりボールを奪われる場面が目立った。
特に鈴木・阿部の二人はひどかったよ。
何度も同じような奪われ方をして、カウンターを食らってたのはヒヤヒヤもんやった。

しかしセットプレーで、中村俊から巻のヘディングで先制!
やっぱりいいボールを蹴る。
S[.jpg
左サイドはペルーのDFがザルなこともあって、何度も突破して良い形が作れていたのは良い傾向だった。
 
そして後半
 
いきなりペルーに攻め込まれるも、なんとか耐え切って、またもやセットプレーから追加点!
ボールも良かったけど、高原のゴールに背を向けてトラップし、振り向きざまにボレーシュートを放った一連の動きはレベルが高かった
 
そして、最後には家長・水野のオリンピック代表組が入って、試合が一気にスリリングになっていたね。
まあ、オシムから反町への親心みたいなもんですかね
 
総評として、先発したFWが点を取ったのは収穫ではないかなと思う。
 
ヨーロッパ組の中村俊輔・高原はチームにフィットしているかどうかはともかく、チームにはかかせない個人技の高さを持っているのを、オシムに見せつける事ができたんじゃないかな。
 
ただ、やっぱりミスが多いわ。
どうしても連携が悪いから、相手にプレッシャーをかけられると苦し紛れのパスを出して、それをカットされてカウンターっていうパターンが何度も見られたのはいただけん!
 
そして、闘莉王。
あの左足のキックは下手すぎ!
無謀な上がりも、もっと状況考えて上がらないと、いつか大事な場面で致命的な結果を招きかねないよ。
Jリーグじゃないんやから、世界は一度の過ちが取り返しのつかないことになってしまうよ。
 
次のキリンカップはそこそこの相手が来るようだし、次もきっちり勝てるようにがんばってほしいよ。

posted by タク at 21:56 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(30) | サッカー 

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。