2007年01月29日

求人倍率

報道ステーションで、今年の就職戦線のニュースをやっていた。
 
今年はどうやら団塊世代の退職なんかで、バブル期に次ぐ求人倍率の高さとなっているそうだ。
 
つまり会社が雇用したいと思っている人数よりも、実際に働きたいと思っている学生の数が少ないため、企業側が雇用を確保するのに相当苦労しているんだと…。
 
僕が就職しようと思っていた調度10年前が、一番求人倍率が低くて学生があぶれていたみたい。
 
それを考えるとよく、「郵便局とはいえ就職できたなあ」とちょっと自分に感心しましたわ。
 
ただこういう時期に就職するもんは、えてして仕事をナメテル輩が多くなることが多いから雇用するもんの眼力が相当試されることになるやろね。

posted by タク at 23:18 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ワタシが大学卒業した年(1999年)が
一番就職氷河期だったんですよね。
大卒でさえ就職率50%くらいだったと思います。
当然ワタシは就職浪人しましたw
Posted by もつ at 2007年02月02日 20:15
もつさん

僕も就職浪人しました。
ホントにアノ頃はどこも求人してなくて、ひどかったですよね。
Posted by タク at 2007年02月03日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

スイーパー日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。